工事現場の熱中症対策

現場作業員に贈る!熱中症にならないための夏の暑さ対策マニュアル

「北海道は涼しいから大丈夫」は間違い

「北海道は涼しいから大丈夫」は間違い

日本は縦長の国土なので、北海道から沖縄まで相当な気候の違いがあります。

日本海側・太平洋側・内陸ということでも気候は変わりますが、やはり南へ行くほど暑くなるというのが常識。

沖縄の夏の暑さと北海道の夏の暑さは、同じ国と言えども全く別物で、熱中症の危険性も大きく変わります。

暑いほうが熱中症になりやすいのは当たり前ですが、だからと言って北海道だから大丈夫ということにはなりません。

スポンサーリンク

熱中症は夏の始めに多い

熱中症で倒れる人は、最も暑い夏本番ではなく暑くなり始めたころに多い傾向があります。

まだ夏バテとも無縁で体力もある初夏なのに、なぜそうなるのでしょうか。

暑さに慣れていない時期は要注意

初夏の特徴として、まだ体が暑さに慣れていないという点があります。

梅雨の時期は湿度こそ高いものの、気温はそこまで上がることもなく、不快感は高くても熱中症のリスクはやや下がります。

でも梅雨が明けると一気に気温が上昇し、しかも湿度が大きく下がるわけでもありません。

体が慣れていないので、少しでも無理をすると倒れてしまうのです。

北海道は涼しい

北海道・東京・大阪・沖縄で考えれば、明らかに北海道の夏は過ごしやすいでしょう。

でも実は熱中症のリスクは大きく変わりません。

北海道の人は北海道の暑さが基準なので、暑さに対する抵抗力も北海道並みなんですね。

つまり沖縄の人は北海道の人より暑さに慣れているということ。

そう言われれば当たり前の事なんですが、熱中症は暑さに慣れることも非常に大事なので、気温の絶対値も大事ですが北海道の人は暑さに対する抵抗力が低いのでリスクはそれほど変わらないんです。

北海道は寒暖の差が大きい

北海道は逆に気温が非常に低くなります。

最高気温は30度台半ばになるうえに、最低気温は場所によってはマイナス30度になることも。

だからこそ初夏の暑さへの慣れも遅れがちになり、余計に熱中症のリスクが上がってしまいます。

まとめ

北海道の夏は南の地域に比べれば過ごしやすいですが、熱中症のリスクが下がるというわけではありません。

暑さに強い沖縄の人が北海道で働けばリスクは減るかもしれません。

でも生まれも育ちも北海道なら、あなたの体は北海道の暑さにしか慣れていないので、熱中症のリスクは沖縄のそれと大きく変わりありません。

暑さに負けないためには睡眠が重要

ATEX(アテックス) 扇風マットレス熱中症にならないためには、塩分や水分の補給に加え体力の回復も非常に大事。暑くて睡眠不足だと体力がしっかり回復せず、熱中症のリスクがグッと上がってしまいます。このマットレスは1ヶ月約48円で、最大40%の湿度を解消。エアコンをつけなくても蒸れを大きく軽減することができます。

ATEX(アテックス) 扇風マットレスの詳細はコチラ

仕事中は空調服で体力の低下を軽減させる

空調服夏場は暑さと汗で大きく体力が消耗してしまいます。食欲も出にくく睡眠不足になりやすいため、いかに体力を温存できるかが重要。空調服なら長袖を着てても半袖より涼しく、体力を温存したまま仕事をすることができます。汗のニオイも大幅に改善され、心身共に快適に仕事ができます。

空調服の詳細はコチラ

敷パッド&タオルケット&枕カバーをヒンヤリ素材で

クール敷パッド寝具をヒンヤリ素材で揃えることで睡眠の質が良くなり、体力がしっかり回復します。睡眠不足は熱中症と密接に関係し、寝不足な人ほど暑さに耐えきれず倒れやすくなってしまいます。ヒンヤリ敷パッドなどは敷くだけなので手間もなく、自宅で簡単に洗濯できるから清潔に使えます。

クール敷パッドの詳細はコチラ

 - 知識

  関連記事

めまい・頭痛・吐き気があれば即休憩!
めまい・頭痛・吐き気があれば即休憩!

建設現場での熱中症対策は「仕事」という部分がネックになっている場合が多いもの。 …

バテやすい夜の過ごし方 悪い4つの習慣
バテやすい夜の過ごし方 悪い4つの習慣

夏場の現場仕事は1日2日で終わるようなものではありません。 長い夏場を乗り越える …

入浴は半身浴!夏を乗り切るための水圧効果
入浴は半身浴!夏を乗り切るための水圧効果

暑い夏場はお風呂ではなくシャワーで済ませる人が多いと思います。 ただでさえ暑いの …

暑さに弱い人が少しでも暑さに強くなる方法
暑さに弱い人が少しでも暑さに強くなる方法

暑さ・寒さには得意な人と不得意な人がいますよね。 寒さには強いけど暑いのは苦手… …

電解質とは一体なに…?
電解質とは一体なに…?

熱中症対策として水分や塩分を補給することはよく知られています。 でもポカリスエッ …

熱中症になりやすい人はどこを冷やすといいのか
熱中症になりやすい人はどこを冷やすといいのか

熱中症は、なりやすい人となりにくい人がいます。 体質的なことももちろんありますし …

現場監督が気をつけるべき3つのポイント
現場監督が気をつけるべき3つのポイント

現場監督はどちらかというと「倒れないように気をつけてください」と言うほうですが、 …