工事現場の熱中症対策

現場作業員に贈る!熱中症にならないための夏の暑さ対策マニュアル

お弁当に大事な3つの要素

お弁当に大事な3つの要素

熱中症で倒れないためには、お昼ごはんがとても重要になります。

午前中は暑さもピークに達しておらず、まだ体力もあります。

でも午後にかけて最高気温に達し、疲れも出始めてきますよね。

また、夕方になっても西日が強烈で休む暇を与えてくれません。

どんなお弁当を食べるかによって、午後の頑張りが利くかどうかが大きく左右します。

スポンサーリンク

栄養のことばかり考えない

お弁当を嫁さんに作ってもらっている人は多いと思いますが、嫁さんは実際に過酷な建設現場で働いたこともなく、いくら説明しても想像の域を超えることはできません。

なので多くの場合「熱中症で倒れないよう栄養のバランスを考えて作る」というスタンスに。

食べれなければ意味がない

そもそも夏場は食欲が落ちる人が多いですよね。

いくら栄養満点のお弁当でも、食べれなければ全く栄養を摂取することができません。

いかに食べやすいかという点は、もしかしたら栄養よりも重要かもしれません。

暑くてヘロヘロになっているときでも、食欲が湧いて食べることができるお弁当という考え方も忘れてはいけません。

食中毒に十分気をつける

これも栄養のことばかりに気がいくとおろそかになりがちです。

できるだけ風通しのいいところに置くことは重要ですが、それでも腐ってしまうこともありますよね。

弁当箱を開けた瞬間イヤなニオイが…。

それこそ倒れてしまいます。

夏場は食中毒になりにくいお弁当を心掛けます。

具体的には「梅干し」「酢」「生姜」「カレー粉」などを積極的に使う事。

ほんの少し気にするだけで大きな差になります。

また、水気が多すぎると菌の繁殖に繋がってしまいます。

生野菜なら炒めた野菜、冷凍食品は解凍してから入れる、お浸しのような浸けたものは入れない…といったことも重要です。

お弁当を作る時も、最終段階でおかずに直接手でさわることを避けましょう。

手には見えなくても様々な菌が付いています。

これから加熱するというものは問題ありませんが、後は入れるだけという状態ではなるべく触らないように気をつけましょう。

塩分は大目がいい

これは多くの人が実践していると思います。

汗と共に塩分が流れ出ていくので、味付けは少し濃い目がおすすめ。

でも高血圧だと濃いめの味付けが気になりますよね。

高血圧じゃないとしても塩分の取り過ぎが体によくないことは、多くの人が知っているはず。

そうなるとどの程度の味付けがいいのか分かりにくくなります。

夏場はそれでも濃い目がいいと言えます。

塩分過多は確かに体によくないですが、摂り過ぎても今すぐどうなるということではありません。

でも足りないとすぐにでも倒れる危険性があります。

熱中症のリスクが高い時期だけでも、若干濃いめの味付けにすべきです。

まとめ

夏場のお弁当は「食べやすさ」「食中毒」「濃いめの味付け」の3点に気をつけるのがポイント。

お昼ごはんはもちろん、昼休憩を有意義にすることでより厳しくなる午後を乗り切ることができます。

暑くて食欲が落ちても、頑張って食べるよう努力することが大事。

水分ばかりでは長い夏場は乗り切れませんよ。

暑さに負けないためには睡眠が重要

ATEX(アテックス) 扇風マットレス熱中症にならないためには、塩分や水分の補給に加え体力の回復も非常に大事。暑くて睡眠不足だと体力がしっかり回復せず、熱中症のリスクがグッと上がってしまいます。このマットレスは1ヶ月約48円で、最大40%の湿度を解消。エアコンをつけなくても蒸れを大きく軽減することができます。

ATEX(アテックス) 扇風マットレスの詳細はコチラ

仕事中は空調服で体力の低下を軽減させる

空調服夏場は暑さと汗で大きく体力が消耗してしまいます。食欲も出にくく睡眠不足になりやすいため、いかに体力を温存できるかが重要。空調服なら長袖を着てても半袖より涼しく、体力を温存したまま仕事をすることができます。汗のニオイも大幅に改善され、心身共に快適に仕事ができます。

空調服の詳細はコチラ

敷パッド&タオルケット&枕カバーをヒンヤリ素材で

クール敷パッド寝具をヒンヤリ素材で揃えることで睡眠の質が良くなり、体力がしっかり回復します。睡眠不足は熱中症と密接に関係し、寝不足な人ほど暑さに耐えきれず倒れやすくなってしまいます。ヒンヤリ敷パッドなどは敷くだけなので手間もなく、自宅で簡単に洗濯できるから清潔に使えます。

クール敷パッドの詳細はコチラ

 - 食べ物

  関連記事

塩飴・熱中飴で注意すべき2つのポイント
塩飴・熱中飴で注意すべき2つのポイント

現場では熱中症にならないために、元請が塩飴を提供してくれることも多いと思います。 …

夏野菜をしっかり食べて暑さに強くなる!
夏野菜をしっかり食べて暑さに強くなる!

熱中症にならず暑い夏を乗り切るには、食べ物からの栄養摂取が欠かせません。 しかも …

食事は豚肉メインの和食を心掛けるのがポイント
食事は豚肉メインの和食を心掛けるのがポイント

熱中症対策は様々な角度から考えることが大事。 水分補給や塩分の摂取はもちろん大事 …

フルーツ・果物が熱中症対策に効果的な4つの驚くべき理由
フルーツ・果物が熱中症対策に効果的な4つの驚くべき理由

暑い夏場は果物を食べる機会も多いかもしれません。 果物にはビタミンCが含まれてい …

デザートやお菓子で予防する方法
デザートやお菓子で予防する簡単な方法

熱中症対策に重要なのは、摂るべき栄養素をきちんと摂取すること。 暑さでバテると食 …